>

買う前にサイズを確かめよう

表記されたサイズを見逃さず買おう

良いデザインの洋服が見つかっても、自分が着られるサイズでなければいけません。
注文して自宅に届いてから、サイズを間違って買っていたことに気づくというトラブルが起こっているので注意が必要です。
トラブルを避けるために、サイズを確認することが欠かせません。
サイトではウエストが何センチというように、詳しい数値を表記していることが多いです。

手間はかかりますが実際に表記されたサイズで測ってみることで、自分の身体に合うのか判断しやすいと思います。
それでも間違って買ってしまった時のために、返品や交換ができるサイトだと安心です。
注意したいのはタグを切っていたり、汚れたりしている洋服は返品や交換ができません。
自宅に届いて試着する際はタグを切らず、汚さないよう丁寧に扱いましょう。

追加される料金とは

通販では、店頭よりも安く洋服が売られていることがあります。
商品のお値段だけを見ると非常にお得だと感じますが、本当にお得なのか確認しましょう。
送料や手数料を追加して、それでも安いと感じたら注文しても大丈夫です。
送料や手数料の料金を追加したことで、料金がかなり高くなった場合は候補として挙げるに留め、ほかのサイトも探してみましょう。

手数料や送料は、サイトごとに異なります。
あまり通販を使ったことがない人は、口コミを読んで参考にしましょう。
口コミで評価が高い通販サイトは、送料や手数料が相場ぐらいなので損をすることはありません。
安心して、欲しい洋服を購入できます。
また通販サイトでは、商品が安くなるセールを開催することがあります。
お得に買いたいなら、その期間を狙いましょう。


この記事をシェアする